モトローラ、デュアルカメラ搭載5.5型「Moto G5S Plus」を発売

モトローラ・モビリティ・ジャパンより10月6日から発売される、SIMフリースマートフォン「Moto G5S Plus」が話題になっています。

第5世代Moto Gファミリーとして発売した「Moto G5 Plus」の後継と位置づける機種です。筐体デザインや画面サイズ、カメラ機能、バッテリー容量などを強化した点が特徴です。また、多数の通信バンドに対応し、「現時点で日本国内すべの通信キャリアで利用できる」といいます。

本体は、デザイン性と耐久性を兼ね備えたオールメタルのユニボディーデザインを採用。液晶ディスプレイは、ゴリラガラス採用の5.5型フルHD液晶(1920×1080ドット)を装備。
カメラ機能は、メインが1300万画素+1300万画素のデュアルカメラで、サブもLEDフラッシュ搭載の800万画素カメラに強化。動画撮影は4K/30fpsに対応。

主な仕様は、プロセッサーがオクタコア「Snapdragon 625」、メモリーが4GB、ストレージが32GB。外部記録媒体は、最大128GBのmicroSDメモリーカードを装備。無線通信はIEEE802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.2 LE+EDRをサポート。OSは「Android 7.1.1」をプリインストールしています。

バッテリー容量は3000mAh。本体サイズは76.2(幅)×153.5(高さ)×8.04(奥行)mm、重量は約170g。ルナグレー、ブラッシュゴールド、ニンバスブルー。
最新型のSIMフリースマートフォン、デュアルカメラ搭載でSNS対策もばっちりです。気になる価格、38,800円(税別)となっております。

スポンサーリンク