格安スマホ おすすめ

格安スマホでおすすめはどれでしょうか?
そもそも格安スマホとは、電話機に付いているSIMカードを格安で購入し、
SIMが入っていない端末を格安で購入してその端末にセットして初めて使えるようになる格安スマートフォンの事です。
 
昔は、SIMはロックされ取り出す事が出来ませんでしたが、今は自由に取り出せます。
そこで、SIMを格安に購入することで格安にスマホがもてるようになりました。
端末も最新のものでなくても十分な方には選択の幅が広がりました。
 
そんな格安スマホでおすすめは一体何処?というと、利用状況によって違って来ます。
大きく分けて2タイプ、
 
1、データー通信がメイン
動画、ネット、SNSなどを使いこなしている方
 
2、通話メイン
もっぱら会話する事がメインの方
それぞれケースによってオススメの格安スマホ会社が違います。
 
まずは、データ通信がメインの方におすすめな格安スマホ会社
 
1位 楽天モバイル
 
端末代もポイント還元、楽天はポイント還元で何でも出来てしまいます。月額使用料が初月度無料。楽天市場のポイントが契約期間はずーと2倍などお得です。
 
2位 mineo(マイネオ)
 
データ量を月間1GBまで補充できるという他社にはない画期的なサービスを提供しているのが最大の特徴です。しかも無料で追加できるのもポイントです。また、基本プランの設定が安いのも特徴です。
 

3位 DMMモバイル

データ量や端末のバリエーションが豊富で、SIMカード料金の多くが業界最安値というところが最大の魅力。SIMカード単品での利用(端末代金の支払終了後)のランニングコストが安いというのがポイントです。
 

次に、会話メインの方におすすめな格安スマホ会社

1位 Y!モバイル

10分以内なら月に300回まで無料通話が出来る!のが特徴です。
プラス1000円でスーパー誰とでもプランが選べるのもポイントです。

同じく1位 楽天モバイル

プラス850円で5分以内の通話がかけ放題になるプランがある事が特徴です。
また、会話も3G回線を利用するので、電話番号そのままです。5分をすぎても楽天でんわアプリを使えば、通話料半額で通話出来ます。ポイントがつくメリットと考えるとランニングコストは格安になります。
 

3位 ビッグローブ

プラス650円で月の60分の通話が無料になるプランがあるのが特徴です。
また、ビッグローブでんわアプリを使えば、通話料金が半額になります。
月の通話が60分以内の方は必見です。
 
それぞれのパターンに応じて格安スマホをゲットして下さい。
スポンサーリンク