ASUS 3スロット&4100mAhバッテリー搭載の5.2型スマホ「ZenFone 4 Max」

ASUS から12/8日に販売される、5.2型液晶を搭載した「ZenFone 4 Max ZC520KL」が話題になっています。

大容量4100mAhをバッテリーを搭載し、連続待受最大約37日間、Wi-Fi通信約21時間、連続通話約32時間を実現するのが特徴です。「ZenFone 4」シリーズでは初となる、デュアルSIMとmicroSDを同時使用できるトリプルスロットを搭載します。

また、背面はデュアルカメラ仕様になっており、1300万画素のメインカメラと、通常の約2倍ワイドに撮影できる120度の広角カメラを搭載。カメラや被写体の位置を変えずに、ボタン1つでアングルを切り替えたり、カメラアプリに搭載のフィルターや細かな設定を手動で変更できるProモードの撮影にも対応する。さすが、カメラ機能も充実です。

さらに、トリプルカードスロットは、2枚のSIMとmicroSDカードの同時使用が可能。2つの電話番号を同時待受ができるデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)もサポート。仕事用とプライベートが端末1つで管理できそうです。

主な仕様は、ディスプレイが5.2型HD液晶(720×1280ドット)、プロセッサーが「Snapdragon 430」、メモリー(RAM)が3GB、ストレージ(ROM)が32GB。外部メモリーはmicroSDXCに対応。OSは「Android 7.1.1」をプリインストール。

バッテリー容量は4100mAh。バッテリー駆動時間は、Wi-Fi通信時が約21時間、モバイル通信時が約16.4時間、連続通話時間が約1920分(3G)、連続待受時間が約888時間(4G)/約744時間(3G)。ボディカラーは、ネイビーブラック、サンライトゴールド、ローズピンクの3色。気になる価格、市場想定価格は24,800円(税別)となっております。

スポンサーリンク